フォトセラピーパッチを使う前に
貼り方、保管方法、などの基本編

お知らせ

2021年7月より海外移転。製品の情報をそちらから発信の予定です

ライフウェーブの製品に関して、日本では発信できない情報が多いようで日本支社からも記事の削除要請など様々な制限がありました。

もともとこのブログで紹介していた情報は、すべてアメリカのライフウェーブ社が発信していた公式の情報を、ただ単に英語を日本語に翻訳しただけだったのですが、日本国内においてはNGということで記事の削除通告を受けて会員限定の資料とせざる得ませんでした。

しかし7月よりアメリカに移転するので、アメリカで公開されている情報は発信できるようになります。

現在会員限定の資料となっているものは、現地の日本語読者用に再編集をして新たに公開し直す予定なので、それまでしばらくお待ち下さい。

「フォトパッチ初心者用解説★使う前に知っておくべき5つの事★たぶん知らないで使ってると効かないかも?!」

はじめてフォトセラピーパッチを使う方は、こちらを読んでから使用してください。

貼る前に知っておく注意点

★ 大きな注意点は2つ ★

1: 水を飲む(ジュース、お茶、コーヒーなどの水分ではなく)
2: 保管は光や熱から遠ざけること

水について

★: パッチを貼る直前か直後に、グラス一杯の水を飲んでください。

その後、一日の間に約1.5~2リットルの水を目安に飲みましょう。

目安: 体重kgx30ml/kg、例60kgの場合1800ml/日

コーヒーやお酒、ジュースなどの水分ではなく水」が必要なので、忘れずに飲んでください。

様々な生理活性物質を合成するには、体内に水が必要不可欠なのです。

※ 水を多く飲めない人は、無理をせずに最初の一杯は飲んで、その後はできる範囲で摂取してください。

貼る場所についての注意点

★: 怪我や炎症、傷のある場所に貼らないでください。

パッチは健康な肌に信号を与えてることで効果を発揮するので、怪我の治癒を早めたいなど場合は、その付近に貼ってみてください。

★: 同じスポットへの連続使用は控えてください。

12時間以上貼り続けたスポットの皮膚を休息させる時間が必要です。

同種のパッチを使いたい場合は、別の場所に貼るようにしてください。

★: 剥がした後は粘着テープの成分をよく洗い落とすこと。(かぶれの原因になります)

かぶれやすい人は、かぶれにくいサージカルテープやカットバンを皮膚に貼って、その上からフォトセラピーパッチを貼ってください。

シャツや下着の上からでも、十分に機能します。

自分の体温が届く範囲であれば洋服の上からでも機能しますが、あまりパッチと皮膚との距離が離れないようにしてください。

推奨される食材、サプリメント

推奨される栄養素は、体内で生理活性物質を合成するための材料なので、パッチを貼った時に体内にあると通常よりも多くの合成が可能になります。

結果、栄養素がある時と無い時とはではパッチの効果が大きく違ってきます。

足りない分はサプリメントで補うのもいいですが、なるべく天然の食材から摂取をこころ掛けてみましょう。

★: 全般的に推奨されている例

ミネラル類(亜鉛、銅、マグネシウム など)、カルシウム、ビタミンC、フィッシュオイル(オメガ3)など。

★: 特にX39を貼ってる時の推奨栄養素

銅、DHA/EPA(オメガ3)、亜鉛、マグネシウム

  1. スルメ
  2. 牛レバー
  3. 牡蠣
  4. ダークチョコレート
  5. ごま、ココア、くるみ…
DHA/EPA オメガ3
  • イワシ
  • サバ
  • サーモン
  • うなぎ
  • スジコ
亜鉛
  1. 牡蠣
  2. 肉類全般
  3. ごま
  4. のり
  5. ワカメ、昆布、スルメ、など..
マグネシウム
  1. 青さ
  2. 青のり
  3. てん草
  4. わかめ
  5. 米ぬか など…

ビーズについて

★: 同梱されているビーズは使っても、使わなくてもいいです。

一応、個人の自由ですがアメリカ本社に問い合わせたら捨ててしまえと言われました😅

(諸事情で入ってるだけですから)

保管について

★: 熱や光に曝さないように、冷暗所での保管が。

★: 赤外線を遮断するような容器で保管。アルミホイルで包んだり、保冷バッグのようなアルミ箔で包装されたバックなど。

★: 持ち運びには名刺入れのようなアルミケース、赤外線を通さず小さな入れ物がオススメです

★: 保管場所として冷蔵庫は乾燥して粘着力が無くなる場合があるので、あまりお勧めしていません。

★:体温に反応するので、ポケットや財布に入れて持ち歩かないでください。

車のダッシュボードや電子レンジ、熱と多量の電磁波を出す場所に放置したりしないよう注意してください。

パッチの貼り方

ここでは代表的なプロトコル(手順)の紹介です。
小冊子がパッチと一緒に送られてくるので、そちらも参照してください。

X39とアラビダの貼り方

★: 首の後ろ(大椎)か、おへその下(気海)に貼ります。

x39-alavida

★: 大椎は首を下げた時にボコッと飛び出している骨の真下にあります。
★: 気海はおへその穴から指2本分下にあります。

エナジーエンハンサーの貼り方

★: エナジーエンハンサーは茶色と白のパッチがあります。

基本は左が茶色で右側が白です。

エナジーエンハンサー

アイスウェーブの貼り方

アイスウェーブの貼り方 その1
アイスウェーブの貼り方 その2
アイスウェーブ貼り方 その3
アイスウェーブの貼り方 その4

★: 単品で貼る場合は、基本的に茶色パッチが左側、白いパッチが右側です。
★: 複数使う場合は中心が、茶色パッチ、その他を白いパッチで囲んだりしますが、厳密にこだわる必要はありません。
★: アイスウェーブは試しながら、鎮痛効果が高い場所を探す必要があります。最初から全部のシールを剥がさないようにしてください。

Y-Age グルタチオンの貼り方

グルタチオン

Y-Age カルノシンの貼り方

カルノシン

Y-Age イーオンの貼り方

Aeon

サイレントナイトの貼り方

サイレントナイト

SP6の貼り方

★: SP6は白いパッチですが、基本的に左側に貼ります。

SP6
Lifwave登録
登録/オーダーはこちらから
こちらから登録するとGoSelfcareがスポンサーとなります。当サイトの会員に関してはこちら

※本記事は医学的な診断、主張、指示をしません。本稿は個人的な見解と提案による内容となっています。
Lifewave社のパッチはいかなる効果結果を保証するものではありません。使用の際には医療機関による指示に従ってください。

医療免責事項

Posted by Go!Selfcare